FC2ブログ
topimage

2019-08

風景印・台東桜木 - 2011.05.09 Mon

風景印・台東桜木 
桜と旧寛永寺五重塔。

西洋美術館へレンブラント展を見に行った帰りに押印。
上野では遅咲きの八重桜が咲き残っておりました。

印に描かれた五重塔は寛永16年(1639)築で国指定重要文化財。
上野動物園の敷地内にあります。

動物園には何度も行っているのにこの五重塔の記憶が無いんですよねぇ。
今度上野公園に行ったら上野東照宮側から見てみたいと思います。
(何故動物園に行かんのじゃ)(答え:混んでるから。^^;)

ところで押印していただいたら印影がきれいなので
局員さんに伺ってみたら今年4月に再配備されたそうです。
おろしたてのぴかぴかでした。
(去年押印したときは印影汚かったからなー。良かった良かった)


さてせっかく桜木まで歩いてきたのでものはついで。
「パティシェ イナムラショウゾウ」へ寄って行きました。

イナムラ・ショウゾウケーキ 

特製苺ロールとバナナキャラメルのムースを持ち帰り。
1日遅れのバースディケーキとしていただきました。濃厚な味でうまうまです。
お店の入口でサービスとして供されているレモネードもおいしかったです。
ごちそうさまでした。むふふ~。


台東桜木局 

台東桜木局。
店舗の入口は道路からちょっと低くなっています。
雨が流れ込んできたりしないのかなぁ。






風景印・目黒自由が丘 - 2011.05.08 Sun

風景印・目黒自由が丘 
自由が丘駅前広場の自由の女神像と目黒ばやし。

何を隠そう私、かわうその誕生日は4月26日。
そしてフランス・ロマン派の巨匠、ウージェーヌ・ドラクロア先生の
誕生日も4月26日。かの大画家と同じ誕生日とは光栄の至り。

と言うわけで4月26日にドラクロア先生の代表作
「民衆を率いる自由の女神」を用いた「日本におけるフランス年」切手に
自由の女神つながりで目黒自由が丘局の風景印を押印して参りました。

自由が丘女神像 

これが駅前広場の女神像。
と言っても台座には「あおぞら」と作品名があるだけで
どこにも「女神」の文字はありません。
自由が丘駅にあるということでそのように呼ばれているらしいです。

目黒自由が丘局 

目黒自由が丘局入口。

ドアを入ってびっくり、ATMしかありません。
窓口は地下階にあるのでした。

他の人が見てもわからない、こんなパーソナルな理由の押印があってもいいよねぇ。

地元の氏神様、熊野神社の例大祭で演じられる「目黒囃子」は今回スルーということで。(笑)

風景印・文京後楽(と、3月11日のこと) - 2011.04.02 Sat

大地震が起きて以来、気分は沈み体調も何となくすぐれず
ブログの更新もする気が起きなかったのですが
風景印仲間の方々から送られてくるお便りに励まされ
いつまでもこれじゃあいかん、と久々の更新です。

3月11日当日のことをちょっと書いてみました。長くなりますがご容赦ください。

風景印・文京後楽 

東京ドームと東京ドームシティアトラクションズ。

切手はドームに隣接する小石川後楽園から水戸藩つながりで偕楽園。
(茨城県ふるさと切手)

文京後楽局は移転・局名改称のため3月11日が最終押印日。
その日付狙いで後楽園まで足を運んだのですが・・・。


郵便局へ行く前に行ったことのない小石川後楽園を見学しようと入園。

小石川後楽園3 

ビルとドームが邪魔ですね。
光圀公もびっくりの借景ですよ。

上に水戸藩つながり、と書きましたが小石川後楽園は水戸藩二代藩主、徳川光圀が完成させた庭園。
偕楽園は水戸藩九代藩主、徳川斉昭が作らせた庭です。

小石川後楽園2 

大名庭園でありながら稲田があるのが面白いところ。
文京区内の小学生が田植えから稲刈りまで行っているそうです。

小石川後楽園1 

梅園。
この後やってくる恐ろしい事も知らずに呑気に花見をしてました。

小石川後楽園4

「大堰川」と呼ばれるポイント。
ここで写真を撮ろうとカメラを構えていたとき、あの大地震が襲ってきました。
 
始めは縦揺れ。
交通量の多い道路に架かった歩道橋を渡っていると
微妙に足下が揺れているときがありますよね。
あんな感じの揺れで、近くを大型のトラックが通っているのか、と一瞬思ったくらいです。

揺れは次第にひどくなり、これは地震だ、と思ったとたん横揺れがやってきて
水場を渡る橋のたもとにいた私は広い場所に移動。
カメラを抱きかかえてしゃがみ、縁石を片手でつかんで揺れが収まるのを待っていました。

しかしいつもなら揺れが収まる時間が過ぎても揺れは収まらず、
どころかますます横揺れは激しくなる一方。
上空では風がごうごうと鳴り、大木の枝はざわざわと音を立て、
地面はドシドシと不気味に低い音を響かせて揺れ動きます。

「こんな強い揺れは初めてだ」と思う一方、
「これは大変なことになった」
「今日は家に帰れないかもしれない」と揺れに耐えつつ考えていました。

小石川後楽園5(地震被害) 

やっとのことで揺れが止まり、ふらふらと立ち上がると
先ほど立っていた渡月橋のたもとには大きなヒビが入っています。
右手にある西湖堤も石が崩れており、

小石川後楽園6(地震被害) 

涵徳亭の灯籠は倒壊。上部の石は真っ二つに割れていました。
人が近くにいなくてよかった。

やがて園の管理をする人、修復工事を行っている人たちが走り回り
来園者は呆然と、あるいは不安な面持ちで歩いたり座り込んだり。
多くの人が携帯でどこかへ連絡しようとしていましたが、ほとんど通じていないようでした。
携帯でテレビを見ていた人が震源は宮城沖と周りの人たちに告げていました。

園の出口近くで缶コーヒーを飲みつつ余震をやり過ごしているうちに
近隣のオフィスからどんどん人が集まってきます。ヘルメットをかぶっている人たちもいます。
一時避難集合場所になっているのかもしれません。

気温も下がってきていつまでもそこに居るわけにもいかず、こんな時ですが
そもそも本日の目的であった郵便局へ行ってみようと歩き出しました。

思ったとおり地下鉄もJRも全て止まっており、道は歩く人たちでいっぱいでした。

文京後楽局 

文京後楽局。ここでの営業は11日が最後。
郵便局に入ってみると局員さんたちが通常営業と引っ越し作業を並行して
こなしておられました。
翌14日月曜からはドームにほど近いビル内で
「東京ドームシティ郵便局」として営業開始。
風景印も絵柄はそのまま、局名だけ変えた形で使用開始になるのです。

カウンターにはすでに風景印を押印済みのハガキに
ひたすら黒活印を押印している男性の姿。
大地震を物ともしない郵趣人、恐るべし。

話を伺ってみると、私より遠方から押印にいらしてました。
帰宅はどうなさるのかしら、と案じつつ風景印を押印してもらった
自分のハガキを手に局を後にしたのであります。

それから後は地下鉄の売店でサンドイッチを買い
交番で目的の駅までの道を尋ねてひたすら歩き。
駅には着いたものの運行再開はいつになるのか見当も付かず。

結局帰宅難民としてえのっちさんのお宅に一晩泊めていただき
夜と朝のご飯までいただいてしまったのでした。
えのっちさん、その節は本当にありがとうございました!

小石川後楽園スタンプ 

小石川後楽園の記念スタンプ。

もともとは14日に局に押印に行くつもりだったのですが
ご存じの通り14日は計画停電に関わる電車の運休騒動で
とてもそんなことをしに出かけられる状態ではありませんでした。
こんなことなら初めから郵頼しておくべきでしたよ。

なかなかドーム方面に行けそうにないのでこれから郵頼します・・・。
呑気なことを、と思われる向きもあるやもしれませんが
ちょっとづつこんなことから日常に戻していかないと頭がどうにかなりそうで。














風景印・小川町 - 2011.02.10 Thu

風景印・小川町 
ニコライ堂と神田神保町書店街、本。

ニコライ堂に関しては神田局の風景印の記事に書きましたね。

この書店街の図は駿河台下交差点から三省堂書店方向を見たところでしょうか。
カメラ持っていたのに写真撮るのを失念してました。失敗。

手前の本は古書か新刊書籍か。
神保町には大小の出版社、三省堂や書泉のような大きな新刊書店もありますが
何と言っても古書店街。世界一の規模と言われます。

お目当ての本を探すもよし、目に付いた面白そうな本を片端から読むも良し。
本好きにはたまらない町であります。
何冊連れ帰るかは出会いの運と懐次第・・・。

小川町局 
小川町局。

風景印・神田北神保町 - 2011.02.09 Wed

風景印・神田北神保町1 
本のページに夏目漱石「吾輩は猫である」の石碑。

神田北神保町局からすぐの所にあるお茶の水小学校にこの石碑があります。
石に刻まれている文は
〝吾輩は猫である 名前はまだ無い 明治十一年 夏目漱石 錦華に学ぶ〟

錦華とは夏目漱石・・・金之助少年が卒業した小学校。
平成5年に錦華小、小川小、西神田小の三校が統合されて
お茶の水小になりました。

錦華小我猫石碑 
これがその石碑。

本の図柄ということで国際図書館連盟東京大会の切手を合わせてみました。
たまたまですが11月9日は読書週間の最終日だったんですねー。

2010年は国民読書年だったのでその切手が出るかと期待していたのですが出ませんでした・・・。

風景印・神田北神保町2 
一ヶ月後、えのっちさんからいただいたもの。ありがとうございます。
こちらは石碑に合わせて「吾猫」切手。「20世紀デザイン切手第1集」のもの。
「吾輩は猫である」初版本の題字と扉絵がデザインされています。
この切手は1シートに1枚しかないから貴重なんだよー!

神田北神保町局 
神田北神保町局。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

kawausostamps

Author:kawausostamps
2009年から集印を始めた
ひよっこです。
頂いたもの、自分で集印したもの、
のんびりとご紹介していきます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

風景印・東京都 (54)
風景印・埼玉県 (26)
風景印・神奈川県 (22)
風景印・千葉県 (1)
風景印・北海道 (0)
風景印・青森県 (4)
風景印・岩手県 (1)
風景印・山形県 (1)
風景印・宮城県 (1)
風景印・新潟県 (1)
風景印・長野県 (3)
風景印・岐阜県 (1)
風景印・静岡県 (1)
風景印・愛知県 (1)
風景印・福井県 (1)
風景印・京都府 (4)
風景印・大阪府 (1)
風景印・三重県 (1)
風景印・滋賀県 (1)
風景印・兵庫県 (5)
風景印・広島県 (13)
風景印・島根県 (1)
風景印・鳥取県 (2)
風景印・香川県 (1)
風景印・高知県 (1)
風景印・福岡県 (1)
風景印・熊本県 (5)
風景印・佐賀県 (2)
風景印・長崎県 (1)
小型印・特別日付印 (29)
風景印全般 (3)
切手・ハガキ・カード (9)
その他色々 (1)
未分類 (1)

他のブログ・読んでるブログ

今日のひとこと

今日何の日?

日めくりカレンダー

風水獣頭牌

邪気侵入を防ぎます。

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる